癖毛用とか縮毛用とか書いてあるモノ、だいたい効果ない説。

褒められた容姿も性格もしていないため仕方がないのではあるが、陰キャ天パ眼鏡の星の下に生まれた僕は大層容姿をけなされて育ってきた。

 

 

やれ陰毛だの、性格の曲がりが髪に出ているだの、それ自分でセットしたの?だの、人は案外たとえ友人に属するものでも他人の容姿を貶しがちである。いや、最後のは貶されたのか褒められたのかどうかすらわからんが。

まあ特に面白い返しをする能力も持たなかった為、言われるたびに性格は更にネジ曲がり、こころなしか髪のカールも一段と冴え渡っていった。

時たま容姿について褒められることもあったのだが、100けなされて1褒められる状況では嫌味にしか聴こえず、内面ブスは外面ブス、外面ブスは内面ブスとはまさに彼。

 

そんなこんなで大学生活の中頃には、人のことが嫌いで、自分のことはもっと嫌いになった。

自己肯定感が限界まで落ちた人間はもはや人間としての生活を送れず、一時期はボディソープを自分に使ってよいのかすらもわからなくなり、ポンプを押せなくなっていた。

 

キレイになりたくないわけではなかったが、なり方がわからない。変わろうともがいた結果失敗し、より精神とキューティクルへのダメージを増やすばかりだ。

 

そんな縮れきっていた僕は、図られてかあるいは図られずか、人の手によって矯正された。

付きも離れも、褒めも貶しもせず、なんとなく日々を過ごせる友人がいて、なんとなく1日が幸せで終わることが多くなった。

詳細は省くがその日々によって性格の根本的に終わっていた部分は少しずつ矯正されていき、時間はかかったがそれを追う様にして容姿も人並みにはなったと思う。心の余裕が外面も良くしていった。

 

今でも自分の容姿は嫌いで、効きもしない縮毛用と書かれた美容品を薬局でみると衝動買いしてしまうし、鏡を見るとぶっ壊したくなる。人に褒められると反転して聴こえて死にたくなる。

 

だがまあ良くなった事もあって、ボディーソープのポンプは押せるようになったし、内面ブスも少しは治った。外も人並みにはなった。

 

薬局で買う癖毛用とか縮毛用とか書いてあるモノはだいたい効果ないが、内面を矯正して心に余裕をもたせてくれた人は、そいつらより遥かに効能が高かった。