5月度アプデ後環境の超越ウィッチ

 最近の【次元の超越】について雑記、する前にとりあえずレシピをのせます。この後からの文章はこの2種類のレシピについて僕が考えていることを述べるものとします。

 

 

 

f:id:kofgirm-32-16:20170527111724p:plainA

f:id:kofgirm-32-16:20170527111733p:plainB

 

 Aは対ミッドレンジの旧式超越です、エルフロイヤルが多いのであればとりあえずこれで間違いがありません。

 Bは対アグロ寄り、現環境で最も多いと感じるネクロヴァンプに対するレシピです。またドラゴンを見る場合もこちらが安パイでしょう。ファイヤーチェインは自由枠でドラゴンが多いのであればエラスムスの秘儀、アグロヴァンプが多ければ氷像になります。

 

 以上、できるだけ丁寧丁寧丁寧に自分の環境にあったレシピを組み立てましょう。

 

 レシピについて共有したので次はクラス相性のお話

 

 

対ネクロ

 おそらくいま最も多いのはこのリーダーでしょう。大まかにアグロとヘクターの2タイプがあり、超越側からすれば特にアグロは脅威です。

 2ターン目までに1コス1/2を3枚並べられたらほぼ負け確、あとは消化試合といえます。が、クラス相性自体は虹の輝きレヴィ等のカードの存在もあり悪くはありません。

 

 マリガンは先攻なら虹、ゴーレム、ブラスト、運命の導きを狙うことになります。特に虹の輝きは一番拾いたいカードです。

 後攻の場合、虹、ブラストを狙うこととなります。虹の輝きが初手にある場合はレヴィ、超越、握撃、ファイヤーチェインもキープできます。

 

 立ち回りに関しては4ターン目までにどれだけのフォロワーを消せるかが勝負のカギです。貴公子が来るまでに盤面が崩壊すれば基本負けることはありません。ヘクターが来る直前の6ターン目もできればフォロワーを消しておきたいですね。勝率の目安は6割を目指すことになります。

 

 

対ドラゴン

 難しい対面です、試合が長引けば長引くほどドラゴンに有利な流れになります。ただ序盤はしのぎやすく7ターン目超越を決めやすくもあります。また先攻後攻どちらの場合も2ターン目に図書館を置きやすいです。7割を目安に勝ちにいける相手でしょう。

 

 マリガンについて。先攻では道筋、運命の導き、クレイゴーレム、また手札が回せそうであれば超越、握撃、ブラストをキープ。後攻の場合はブラスト、握撃、知恵の光、道筋、マジックミサイルを狙います。

 Bの型であれば、上記のものに加えて図書館もキープ対象にしましょう。

 

 立ち回りに関して、ラハブは進化を含めてもレヴィで処理しやすいスタッツです。Bのタイプのデッキであれば気軽な相手でしょう、それでも処理が追い付かないなら秘儀を何枚か刺しましょう

 

 一番の負け筋は超越を引けない時です。素直にあきらめましょう、そういう日ある。

 総評、とにかく早さの求められる戦いなので超越を手札に呼び寄せることに全霊をかけましょう。

 

 

対ビショップ

 まあ勝てるでしょ対面、イージスならおかれる前に超越、疾走なら全フォロワーを処理って終わり。ただこの2タイプのデッキは対策が逆になるのでその点で環境に多いのはどちらなのかを予想すること、もしくは中庸なマリガンを心掛けねばなりません。

 

 マリガンについて、とりあえず虹の輝きはキープで損はありません、超越、ゴーレム、図書館、マジックミサイルのあたりも使いやすいでしょう。

 

 立ち回りってほど考えることもないですが、しいて言うならこちらが先攻の場合、獣姫を読んで2ターン目にマジックミサイルをあえて使わず取っておく勇気が必要な場面とかがあります。あと虹の輝きがあるなら獣姫は即戻しましょう。8割勝てる相手。

 

 

対エルフ

 疾走されたら負け、疾走されなかったらほぼ勝ち。エラスムスの秘儀はエルフにも刺さるよ。

 

 マリガンは先攻ならミサイルと運命の導き、超越、ブラスト、ゴーレム、道筋を狙いましょう。後攻ならば道筋と運命の導きの代わりに知恵の光、握撃などを拾いたいです。

 

 デッキの根幹がかなり類似しているため試合内容はどっちが早いかスピード勝負orアドバンテージの削り削られ総力戦の2択。”不運”と”踊”っちまわないようにしましょう。6割勝てると思います。

 

 

対ヴァンプ

 メンヘラおじさんとメンヘラ幼女。最近多いカオスシップ型はカモ。うまく疾走を引かれすぎたら負けですが致死ラインに自ら入ってくれるので超越のハードルが低いです。

 

 マリガン、先攻ならばゴーレム、ミサイル、虹、超越、運命の導きを拾います。後攻ならば虹、ミサイル、ブラストを拾いましょう。レヴィや刃をキープして超越なしで殺すプランもグッド。

 

 ミッドなら有利、疾走ヴァンプなら相性不利がつくと思います。ヴァンプ一色の環境にいる人は超越とデストロイヤーの代わりに魔法剣と刃の魔術師を入れましょう。

 

対ロイヤル 

 的をいっぱいおいてくれるので戦いやすいですがローランやアルベール疾走などこちらに刺さるカード群も携えています。ミッドレンジにはガン有利、疾走にはやや不利が付きます。

 

 マリガン、先攻では虹、道筋、ゴーレム、運命の導き、ブラスト、超越を拾います。後攻ではゴーレムや道筋の代わりに知恵の光を拾いたいです。

 

 今環境ではあまり見ないが除去を撃ちやすく勝気なプレイが勝利を呼び込むと思います。ローランを置かれても意外と超越でひき殺せますが計算が少しずれるので丁寧にプレイしましょう。疾走はしらん。

 

 

対ウィッチ

 超越に関しては特に変わりなし。ドロシーは見るだけ無駄でしょう。マリガンや立ち回りについては書きません、自分がされて嫌なことを考えて相手に叩きつけるのみです。

 

 

あとがき

 

 【超越】に限らずデッキを作ったとき、できれば実際の手元にも同じデッキを置いてみましょう。適当な紙でいいのでデッキを作り、シャッフルし、マリガンし、3巡先までトップをめくる。これだけでもデッキに対する理解が跳ね上がります。

 

 【超越】というデッキをプレイする場合ほとんどのターンと手札において最適手があります。プレイ中はそれをなぞっていくことになり、個人の技量差というのは煮詰まればあまり出ません。ですから超越で一番大切なものはマリガンです。マリガンの質がその後の最適手の質を左右します

 

 正直マリガンについてはここに書いたことよりももっと色々なことを考えなければならず、すべて書き出せる量ではありません。詳細は君の目で確かめてくれ。