クレイゴーレムでもわかるウィッチ講座~マリガンとキャラ対編~

 

今回はたぶんこのゲームで一番重要なマリガン、そしてウィッチのクラス別対策、相手にされると困ることのお話。最初はマリガンの話をするので対策が見たい人は②まで飛ぶといいです。



マリガンをする目的



そもそもマリガンの目的は"なるべく序盤に使える札を引き込む"ことと"対戦相手のメタになるカードを引く"こと。



序盤といってもたとえば"とにかく4ターン目にはマーリンを出したいから初手キープ"とかそんな気の長い話じゃなくて3ターン目までの話

特に後攻ならばともかく先攻だとマーリンが進化できるのは5ターン目なのでその間不良在庫を抱える意味はうすいです(正直4ターン抱えるのもつらい)



スペルブーストで有利をとるウィッチで手札に無駄なものをダボつかせる意味はないので、相手と先後に関係なくキープすべきなものは基本的に"知恵の光" と"マジックミサイル"だけです。

 

これも1種類につき1枚までを目安、特に知恵の光は2枚抱えないように気を付けましょう。

これらを序盤に消費しすぎると終盤の総力戦でのスペブが足りなくなりがちです。

f:id:kofgirm-32-16:20160812200546p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812200645p:plain

 


また先攻では"ゴーレムの練成"、後攻では"虹の輝き"が強くそれぞれキープ候補となります。

f:id:kofgirm-32-16:20160812200830p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812200744p:plain



そしてその次に序盤に相手に刺さるものをキープする。これがウィッチのマリガンの基本になります。

というわけで次はキャラ対について

 

 


クラス別対策

 

 Ⅰエルフf:id:kofgirm-32-16:20160812195533p:plain(文字通りシャドバの顔)

 

f:id:kofgirm-32-16:20160812201004p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812201044j:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812201154p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812201218p:plain

 

エルフに関して、主なデッキは悪名高い"冥府エルフ"、基本的にこいつの対策をしていきます。

上の奴らのコスパは全デッキ中最強、対応力決定力ともに高いが回すのに時間がかかりやや難解。

環境を長らくロイヤルと2分しているのはこの欠点が影響している

相性、客観的に見て五分五分、勝率的には70%ちょい。悪くはないと思います。


キープ候補

虹の輝き...収穫祭をバウンスし、相手の初動を遅らせる。アプデ後はおそらくキープしないカード

ウィンドブラスト...3ターン目で出されるエンシェントエルフへの対策。これなしだと進化可能までに8点ほど持って行かれることもしばしば。

ファイアーチェイン...相手がフォロワーを横に広げた時の対策。ただしデッキを回すカードが横になければキープしない。

エンジェルスナイプ...入っていれば

 


エルフ相手に心がけるべきこと

"リノセウス"の抑止のため守護を切らさない
・手札補充をさせすぎない
・超越を9ターン目までに貯めきる

リノセウスは強力なカードで彼に1ターンで10点以上を奪われることも少なくはありません。抑止の守護と、場に残った時の駆除は徹底しましょう。

まあそれでも食らうときは食らうから魔法のことば「7点まではかすり傷」。残りライフが12になった時点で致命傷なので全力で拒否。

ウォーターエンジェルは放置、収穫祭は虹の輝き、これだけで相手の冥府をかなり遅らせることができます。

最後に超越はなぜ9ターン目までに貯めるべきかというと、"白銀の矢""ローズクイーン"の準備が整うのがこの時期だからです。冥府もこのころには発動可能ですから早めの蓄積を。ハヤサガタンネエカ...しないようにね。


エルフにされると困ること

リノセウスでの速攻はウィッチのような守護の薄いコントロールデッキには脅威。ただ場に出たままだと駆除は余裕なのでなるべく手札に1リノセウスある状況をつくる

フェアリービーストはステがそこそこ高く、体力を回復することで超越のタイミングを狂わせます。16以上を一気に削るのは超越でも骨が折れるのでライフ管理はそこが目安

あと冥府が早いとこちらはどうしようもなくなります、超越より先に準備できるかは運ゲーですが早いに越したことはありません。

 

それから白銀の矢は遅いデッキにぶっ刺さるのでピンで入れておくといいかもしれません。

 

 

 

ロイヤルf:id:kofgirm-32-16:20160812201350j:plain

 

f:id:kofgirm-32-16:20160812201613p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812201614p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812201617p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812201619p:plain


ロイヤルクラスに関してはフェイスとミッドレンジの2種類について。
 
前半がきついので相性が悪いイメージを持つかもしれませんがはやりのミッドレンジ型に関してはそこまででもありません。僕のAランクに入ってからの勝率は65%ほどでした。

 


キープ候補

エルフと大差はない

虹の輝き...やはり下が厚いデッキ相手には必須、多少腐ることもあるがおおむね問題ない

ファイアーチェイン...知恵orミサイルor輝きを抱えているのならキープ

ゴーレムの練成...222で色々な相手を除去できる。後攻では握らないほうが無難。

エンジェルスナイプ...入っていれば

 

キープしないもの

 

マーリン、エンジェルバレッジ



ロイヤル相手に心がけるべきこと

むやみやたらにファイアーチェインしない
・フォロワーを出しすぎない
・兵士フォロワーを優先的に除去

ファイアーチェインは有限です。乙姫やフローラルフェンサーなど主要なタイミングを見極める。ただ出し惜しみしすぎてもいけません。

目安は6~7ターン目の乙姫相手に最高の一枚をあててやるイメージ。でもそれだと乙姫の2枚目が出てくるときに困る、と思うかもしれないがそのころには超越がたまってるのでさほど気にしなくてもよい。

エンジェルバレッジはファイチェの補佐に最適だがキープすべきカードではない、後から引けたら嬉しいよねカード

フォロワーを出しすぎるとオーレリアがつらくなります。ターンを返す時は自分も相手もフォロワーが残らないのが理想です。雪だるまつくろーって言われてもホイホイついて言っちゃダメ。うかつなサモンスノーでライフが溶けちまわないように。

ロイヤルの下級は兵士フォロワーを強化する効果が多いので兵士は基本残さない。また風神セジコマを除去するためのウィンドブラストは6ターン目までに用意しておくこと。
 
最後に見極めが難しいですが”ツバキ”がはいっていないタイプのロイヤルは、フィニッシャーが盤面に出るだけで憤死することも多いです。

超越にこだわりすぎないことが対ロイヤルでは肝心でしょう。


ロイヤルにされると困ること

1/2フォロワーを主体に動く。これだけでウィッチは沈黙します。
序盤のウィッチは体力2以上のモンスターを継続して除去することが困難です。最悪除去しきられたとしてもその過程でウィンドブラストやファイアーチェインを多く消費してしまうため乙姫セジコマやオーレリアが通り易くなります。

 

 

 

ネクロf:id:kofgirm-32-16:20160812202400j:plain

 

f:id:kofgirm-32-16:20160812202516p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160808115637p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812202517p:plain


ネクロクラスに関してはアグロとミッドレンジの2種類。
 
アグロに関してはロイヤルと同じく前半がきつく、また除去する際のデメリットも目立つ分ロイヤルより厄介。ケルベロスとファントムハウルの11点コンボに気を付けることが勝利へのカギ。

ちなみに僕は全然勝てずに勝率53%これを使ってるやつとは友達にはなれそうもない。
ミッドレンジは知らん、モル理解でもしててくれ。

f:id:kofgirm-32-16:20160812202206j:plain

 


キープ候補

虹の輝き...いつもの、ただサージェントやマミーのせいでそこまでうまみがあるわけではない

ファイアーチェイン...いつもの。まあ祝福にあてられればいいよね、みたいな

 

キープしないもの

 

エンジェルスナイプ...撃つところがあるか?いや撃たない

 



ネクロ相手に心がけるべきこと

・ライフを削られないように祈る
・ラビットちゃんは優先的につぶす
・8ターン目には超越する

先ほども書きましたけどウィッチは1/2フォロワーを継続して処理できません、ライフを削られすぎないように祈り続けましょう。(12点残しましょう)

どうしてもつらくてつらくてしかたないならゴブリンマウントデーモンあたりがオススメ。入れたからと言って劇的に勝率が上がるわけでもないが。

ラビットはライフ管理の敵です。ウルズとのコンボで無条件4点は試合がかなり厳しくなるので優先除去。

8ターン目にはみんな大好きデュエリストがやってくるかもしれません。あれを出されると超越しかすることがないので早めに貯めきりましょう。

 


ネクロにされると困ること

前述の通り、1/2フォロワーを主体に動く。


ファントムハウルケルベロス。両方を引かれると負けの運ゲー感が強いです。まあいってもしょうがないですがアグロネクロはそんな感じ。

祝福は相手がファイチェを打った後に後出しが効果的。

 

ミッドレンジは8ターン目が来るまでに超越されたらおしまいみたいな勝負になるので神に祈りましょう。

 

 

 

 

ドラゴンf:id:kofgirm-32-16:20160812202723j:plain

f:id:kofgirm-32-16:20160808115325j:plainf:id:kofgirm-32-16:20160808115631p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812202951p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812202949p:plain


諸悪の根源。

今は遠きシャドウバース黎明期、超越ウィッチはプロ公認の環境トップとしてその名をはせていたがコイツの繁栄によって没落。そして現在は最弱クラスの汚名を背負うに至ったのであった...(こいつものちのちロイヤルに刈りつくされる)

 

相性は最悪、ランクマッチで遭遇した時の心境は「お前に負けるなら悔いはないさ...」

個人勝率は46%

 

今回はランプドラゴンと疾走ドラゴン、サタンドラゴンについて

 


キープ候補

(後攻)マーリン...相手が遅いのでありっちゃあり。

 

ウィンドブラスト...あればうれしい

 

ルーンブレードサモナー...先だしするとおいしい。出すタイミングは進化したジェネシスドラゴンを一方的に屠れる11あたりが目安(僕はそもそもデッキに入れてませんが)

 

キープしないもの

虹の輝き...下級が出てこないと泣きたくなるので

 


ドラゴン相手に心がけるべきこと

アイラちゃんを壊さない(しかしウルズされそうなら前もって壊す)
・超越がたまるように祈る
・フォルテ、ジェネシスされないように祈る

この過酷溢れる世界に救いを…

実際どうにもならない。アイラちゃんは壊しても壊さなくてもつらいので引かれた時点で困る。フォルテは理不尽に7点取っていく。ステータスが高すぎて除去が追い付かなくなる。

 

対策としては超越ワンキルをぶち当てること。

土の秘術は一見相性がいいが、別に入れてもあまり変わらない。ガーディアンゴーレムも巨竜どもの前には、土塊。

 


ドラゴンにされると困ること

 

存在自体が困る、マジで勘弁してくれ。

対策とか関係なく勝てるでしょ、サンドバックにしないで...

 

 

 

ビショップf:id:kofgirm-32-16:20160812204118j:plain

 

f:id:kofgirm-32-16:20160812204312p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812204435p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812204437p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812204438p:plain

 

使っている方には申し訳ないがカモその1

 

試合展開が遅く、大型の守護を置いたところで超越ファイチェには無力。お得意のドローソースもバウンスされて意味をなさない。

ただ"マイニュ"と"教会の守り手"でアグロするのはやめてくれよな

個人勝率は90%ちょい。

 


キープ候補

 

虹の輝き..."聖なる願い"のカウントが1になった時にぶち当てる。

 

ウィンドブラスト...教会の護り手にぶち当てる

 

(後攻)マーリン...相手が遅いのでry。マイニュメタにもなる(メタというほどメタってないが)

 

超越...これを決めたらまず勝ちなので初手から握ってもいい。勝てばええねん

 


ビショップ相手に心がけるべきこと

聖なる願いを使わせない
・中盤以降は相手の場にフォロワーを残さない
・禿に襲われてもいいようにカカシになるフォロワーを立てておく

 


警戒すべきはマイニュ、教会の護り手、アークビショップレリア

 

デミスがあるのでフィニッシャーの先出しはなし。

レリアは中盤にゴブリンマウントして襲いかかってきたりするので要注意(あまり入っているデッキを見かけないが...)

 

序盤のマイニュは1枚で6点、2枚で10点ほど削ってきます。あきらめましょう。

 

また禿が進化したくなるように中盤はリンゴンを置いておくと試合の流れが盤石になります。

 


ビショップにされると困ること

 

マイニュの横に教会の護り手を置く。これがシンプルに強い。余裕があればマイニュは進化しつつ顔面を殴りに行くべきだと思う。後はゴブリンマウントレリアは地味にきついです。そのくらい。

 

 

 

 

ヴァンパイアf:id:kofgirm-32-16:20160812204744j:plain

 

 

f:id:kofgirm-32-16:20160812204813j:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812204815p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160812204819p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160808115321p:plain

 

 

カモその2

自分からライフを削ってくれて超越しやすい。ただこちらのライフもかなり削れるのでそこそこ緊張感を持って臨むべき。

個人勝率は85%ちょい。

 


キープ候補

 

エンジェルスナイプ..."ブラッドウルフ"にあてる、コウモリにも強い。ミサイルがある場合はそちらを優先しこちらは放出

 

ウィンドブラスト...中盤の高体力たちに当てる、貯めておく必要があるので初手キープ

 

(後攻)マーリン...あってもいいかな程度。

 

ファイアーチェイン...コウモリや高体力に強い。例によって回すカードが初手にないなら放出。

 

変成の魔術...入っていれば

 


ヴァンパイア相手に心がけるべきこと

・超越を8ターン目までに貯める
・疾走が多い7ターン目以降のリンゴン
・除去のリソースを切らさない

警戒すべきは"アルカード"、"セクシーヴァンパイア"

とくにセクシーヴァンパイアは守護すら貫通するのでプレイは残りライフと相談。

 

7ターン目から化けるデッキなので超越はできる限り早めに決めたい。コントロールヴァンパイアに関してもアグロヴァンパイアに関してもやることは同じ。

 

変成の魔術を"漆黒の契約"にぶち当てると機能停止しがちなので

 


ヴァンパイアにされると困ること

 

中盤は体力を極力満タン近くにして戦う。これをされるとウィッチはきつい。

後はこちらの体力、5点まで減らせられれば消化試合

かなり管理が難しいので相手の切ってくるカードのスペブ具合で超越が来るか来ないかを判断するといいかも。

 

 

 

 

ウィッチf:id:kofgirm-32-16:20160812205159j:plain

 

 

f:id:kofgirm-32-16:20160808115524p:plainf:id:kofgirm-32-16:20160808132901p:plain

 

カモその3

 

超越ウィッチに関しては先に超越を決めたほうが勝つ組み合わせ、いわゆるクソゲー

他の型のウィッチは軒並み超越との相性が悪い。

 

 

センスが問われる試合で自分のされるといやなことを相手にし続ける人の道に反した試合になりがち。この戦いは、おもむろにファイアーチェインを空撃ちしあう様から"炎舞"とも呼ばれ人々に親しまれる。

 

個人勝率は83%



キープ候補

 

超越...言うまでもない

 


ウィッチ相手に心がけるべきこと

・超越を先に決める

警戒すべきは"マーリン"、単体性能だけなら間違いなくトップカード

進化可能ターンにマーリンの的を出さない、これは徹底すべき。

 

というかウィンドブラスト虹の輝きetcの的になるものは出さない。マリガンの時に全部追い返す。

 


ウィッチにされると困ること

 

超越。冥府。

 

 

 

終わりに

個人的に心がけてることは大雑把にこんな感じ。細かく言えばきりがないが、大まかにでも理解しておくといいポイントをあげました。

 

ウィッチは相手の立場になって自分のされたら嫌なことを全力でするデッキです。性格をとことん悪く腐らせると勝率が上がるんじゃないでしょうか。

 

次回はたぶん”スペルカードの採用基準と使い方”のお話をします。では