オヌヌメの漫画を布教する記事

まえがき

これはなんとなくオススメしたいなと思った漫画をそれとなくオススメする記事。

旬とかそういうのは気にせずに、作品の完成度に対して知名度が低いなって感じの漫画を紹介します。

 

書いてたらエロとかBLNLGLごっちゃになったので踏んだら自己責任で。

 

目次

  1. 映画大好きポンポさん
  2. 皇国の守護者
  3. 私の少年
  4. 加瀬さんシリーズ
  5. やがて君になる
  6. ゆるキャン△
  7. 花待ついばら めぐる春
  8. いっぽん!!
  9. 青空エール
  10. あの人の胃には僕が足りない
  11. STEEL BALL RUN
  12. ハチミツとクローバー
  13. 好きな子がめがねを忘れた
  14. 不揃いの連理
  15. ぶっカフェ!
  16. 草薙先生は試されている
  17. 妄想テレパシー
  18. 剥かせて!竜ケ崎さん
  19. 聖女の魔力は万能です
  20. ララの結婚
  21. Fate/Grand Order -Epic of Remnant-英霊剣豪七番勝負
  22. ようかい居酒屋 のんべれケ。
  23. キモオタ、アイドルやるってよ
  24. 宇宙人シリーズ(緑のルーペ先生)
  25. 疑似ハーレム
  26. 神絵師JKと腐女子OL
  27. アクタージュ
  28. 虫食少女伊南さん

 

続きを読む

TOKYO・nimo・ATTANDA

さて、僕らが熱海観光を終えて次の目的地、東京にたどり着いたころにはもう時間は15時頃だった。

18時には東京に住む同志たちとのシュラスコが待っている。場所は新宿、現地集合だった。

丸の内に受け入れられた僕らは東京駅近くのホテルを拠点としつつも少し浮つきながら、そのまま手放された風船となり、自由行動にうつった。

 

旅行中、連日のゲームで目薬を切らしていた僕のコンタクトレンズは限界を迎えており、ならばと、薬屋に向かおうとホテルのロビーに降りた時、たまたま出くわした旅行仲間はこういった。

「今から上野で風俗に行くんだけど駅まで一緒に来ない?」

「行きます。」

即答した時には脳みそから目薬なんてものは、地に落ちた雨粒のように飛散して、留まることを知らなかった。

 

上野駅についた頃、時刻は15時半になっており、おそらく風俗に行ってしまえば、仲間は18時からのシュラスコに間に合わない。

「遅れたくねーなァ~...風俗で遅れたらみんな許してくれん。」

「でもオレ、行くからには心から楽しみてェ...」

「タクシー、タクシー呼んでもらうしかねーか。」

そんなことを隣でぶつくさと行っているのを聴きながら

(何がカレをここまで風俗に狂わせるのか)という微妙な心持ちで、カレが黒塗りの高級車にドナドナされるのを待つ。

カレが怖いお兄さんたちに回収された後、ついでに国立科学博物館を堪能した僕は右目に違和感を感じた。

 

そういえば目薬を買っていない!マズい!と感じたときにはもう手遅れで、コンタクトは床にティアドロップしてしまっていた。

上野に詳しくない僕は薬屋を見つけることを断念し、急いで東京駅に戻ったときにはコンタクトは水分を失って、スタンド攻撃でも受けたかのようにシワクチャになっていた。

片目の視力が落ちた状態では思うように身動きを取れず、這いずるようなスピードで薬屋を探す。

 

満身創痍で諦めかけたその時、黄色と青と赤で彩られたパステルな光が飛び込んできた。

 

東京にも、あったんだ。マツモトキヨシ

 

今日から勝ちたいAPEXの基礎と基礎@PS4

まえがき

この記事はAPEXについてのいろはについて語るものだ。

適当なことをいうので適当に聞き流してほしい。

 

目次

  1. キャラは何を選ぶと良いのか
  2. コラム"ジャンプマスター制度"
  3. 武器は何を選ぶべきか
  4. 降りるべき場所
  5. 覚えておくと良いテクニック

 

続きを読む

【終】オヌヌメの漫画を布教する記事4

まえがき

この冗長な押し付けシリーズも終りを迎える。

とりあえず百選したオススメの漫画の一厘でも心に届けば良いなぁ。良いよなぁ、と思う。

 

目次

  1. イエスタデイをうたって
  2. 乙女のはらわた星の色
  3. 三国志
  4. ルーツレポ
  5. 獣の奏者
  6. DAN DOH!!
  7. 古見さんは、コミュ障です。
  8. 最強!都立あおい坂高校野球部
  9. この恋はこれ以上綺麗にならない
  10. #こんなブラック・ジャックはイヤだ
  11. 異世界でも風俗嬢やってみた
  12. やんちゃギャルの安城さん
  13. 人魚姫のごめんねごはん

 

続きを読む